派遣社員でもカードローンを始める方法

【派遣社員がカードローンの審査に通るためには】
カードローンの審査は、原則として安定した収入があれば、派遣社員であっても落ちてしまうことはほとんどありません。しかし、就業状況が不安定だと、返済能力が怪しいということで、かなり融資限度額が低く決められてしまったり、下手すると審査に落ちてしまったりすることがあります。また、派遣社員の場合は、定期的に職場が変わることもありますので、ころころ職場が変わっている、現在の職場になってから短いということで審査で厳しく見られることがあります。こうした事態を避けるために、あらかじめ派遣社員であることを説明し、通っている職場を勤務先として記入するのではなく、派遣会社の情報を提供することができます。

【年収と比べると正社員より枠が小さくなる傾向にある】
派遣社員は時給で見ると正社員よりも高い給料となることがあり、実際の月給も高いというのは珍しくありません。カードローンは年収によって融資限度額が判断されることが多いので、見かけ上は正社員と同じかそれ以上の融資が受けられそうに見えます。しかし、実際のところは収入の安定性が低めということで、融資枠が抑えられる傾向にあります。自分の年収がこのくらいだから、枠がこのくらいあるだろうと思って申し込むと、限度額が低めになってしまうことがありますので注意が必要です。